オーボエの上手な息継ぎのやり方

オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座の評判

オーボエの上手な息継ぎのやり方をご紹介します。

オーボエを演奏するためには肺活量が大きくなくても大丈夫です。

一般のトランペットなどの吹く楽器には、やはり肺活量が大きいほうが有利です。

そのため、息を沢山吐く事が出来る人ほど演奏に余裕が持てます。

しかし、オーボエはあまり息を沢山吐かなくても演奏出来ます。

実際にオーボエを演奏していると息がつらくてクラクラとしてしまう事があります。

オーボエでも、大きな音を出す時には、やはり沢山の息を強く吹き込む事になります。

この点では、肺活量の少ない女性には、ハンディになる場合もあります。

上達してくるとわかるのですが、オーボエは呼吸に余裕があって演奏出来る楽器です。

演奏するたに、思いっきり息を吐き出す必要もありませんので、
肺活量が少ない方にも取り組みやすい楽器になります。

続きはコチラ  オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座

呼吸に余裕があるはずなのに、演奏していると息が苦しくなりクラクラしてしまうのか不思議です。

とても単純な事ですが、息継ぎをしないで演奏してしまいがちです。

つまり、吸い込んだ空気がなかなか吐き出しきらないままになります。

そのため息を吸うのを忘れてしまい、演奏を続けてしまい勝ちです。

すると、酸素が不足気味になり、頭がクラクラしてしまいます。

オーボエは呼吸法がとても特徴があります。

「息を捨てる」ように呼吸していくようにします。

肺の中に余っている空気をハーっと吐き出していきます。

息を吹く楽器では、息を捨てるという感じで呼吸するのは、オーボエだけです。

オーボエの呼吸法ではこの息づかいをしらないと「苦しい」「クラクラする」という事になります。

オーボエは大変だという感じを強く持ってしまいます。

オーボエ独特の呼吸法をぜひ身につけて下さい。

続きはコチラ  オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座

 

このページの先頭へ